マッケンジーの戦いの雄たけび Tùlach Àrd
2014年 06月 26日 |
小説「アウトランダー」(まだ第1部しか読んでない)のコラム&ドゥーガル・マッケンジー兄弟がブログ主の好みど真ん中で楽し過ぎます。

兄弟で仲良く一族を統治してるマッケンジー兄弟。
しかし作中でヒロインが誰か(誰か忘れた)に先代が死んだとき兄コラムではなく弟のドゥーガルを擁立する動きがあったと教えられる場面がありました。

障害のあるコラムは跡継ぎの生まれる見込みもなく早死にしそうなので、丈夫な弟を領主にしようと企てた一派がいたんでしょうね。
けっきょくドゥーガルは簒奪に失敗し、いまでは兄に忠誠を誓って一族のダーティ・ワークに黙々と従事している。


なんという萌える設定!そこ詳しく頼む!
というブログ主の心の叫びもむなしく、クレアとジェイミーのラブラブシーンに大量のページがさかれてしまうのがちょっと不満(ラブロマンスだからしょうがない)。






マッケンジー兄弟は一族の存亡に関わるある秘密を共有しています。
その秘密のためにたとえ相手を排除したくてもお互いに裏切れない。考えてみたらコラムが弟を縛るためにわざとそう仕向けたのかもな~と思えてきました。
兄ちゃんってば温和そうに見えて腹黒。
いやでもむしろ弟を守るためだったのかもという気もする。どっちだろう、両方かな。

兄に利用されている(かも知れない)のにコラムの感情を傷つけないよう気配りするドゥーガルもいじらしい(と思うのはたぶん俺だけ)

そんなに感動の場面なのにヒロインはジェイミーのことばかり考えててドゥーガルにあまり注意を払ってないのもちょっと不満です(しかたないけど)。





ところでドゥーガルはジェイミーとクレアを結婚させた恋のキューピッドなのです。
最初は仲人を買って出るなんていい人だなあと感心していたのですが、実はイングランド女は領主夫人になれない→イングランド女と結婚したジェイミーは領主になれない→ジェイミーがマッケンジーの次期首領を狙う可能性はない、という謀略だったんですね。
(ジェイミーは母がマッケンジー兄弟の姉なので、継承順位はわりと上らしい)

ドゥーガルは脳筋に見せかけてけっこう策略家。
そんなところも好き。


Speak Outlander Lesson 5: Colum and Dougal
ColumとDougalのスコットランドでの発音。Dougalってドゥールみたいな発音なんですね。
グレアムさんが「ドゥーガルが筋肉でコラムが頭脳、私は彼のために汚れ仕事をやってるよ」みたいなことを言ってる。





Speak Outlander Lesson 9: Tùlach Àrd

マッケンジーの戦いの鬨の声Tulach Àrdを学習しましょう。
コラム兄ちゃんが「さあ私たちと一緒に練習してみましょう」と優しく教えてくれます。
いつもそんなによりそって動画に出る必要あるのかマッケンジー兄弟・・・

wikipediaのClan Mackenzieの項目にはTulach Àrd (The high hill or The high knoll or "The high hillock)はマッケンジーのスローガンだと説明があります。



しかし「ドゥベガー」に聞こえる(病)



(おまけ)

the battle of Azanulbizar in lego
ドワーフの戦いの雄たけびドゥベガー
2′45″ごろ
モヒカンのドワーリン可愛い




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]