X-MEN: フューチャー&パスト 可愛い英国じいさんたち
2014年 06月 14日 |
イアン・マッケラン目当てでX-MENを見てきました。

外国映画のチケットを買うときって発音悩みませんか?
「エックスメンでいいのかなあ」と不安に思いつつ、ふとmenって你們の們(men)みたい、X們だと「Xたち」か・・・と考えが頭をよぎってしまい、ものすごく中国人みたいな発音で「アエクス・メーン」と売り場のお姉さんに申し込んでしまって一人で赤面しました。


アメコミの映画ってほとんど見たことがなく、X-MENシリーズもまったく内容を知らずに行きました。
私はストーリーが全然気にならない(というかストーリーを5分も覚えてられない)性格なのでじゅうぶん楽しめましたが、前作を見ていたらもっと楽しかったのかも知れません。

プロットはとても説明できませんが、未来世界で人類とミュータントが対立していて、主役はミュータントのようです。
未来での争いを止めるためには過去にタイムトリップして、歴史的瞬間を変更すればいいのでは?というので主役のローガン(ヒュー・ジャックマン)が1973年に送り込まれるというストーリーみたい。

そしてみどころは未来では仲良しのチャールズ・エグゼビアとエリック・レーンシャーが、過去では三角関係のもつれで喧嘩状態にあるらしいっちゅーことです。


キャストは

チャールズ:
若者時代 ジェームズ・マカヴォイ → おじいさん時代 パトリック・スチュワート

エリック:
若者時代 マイケル・ファスベンダー → おじいさん時代 イアン・マッケラン

ね、これは見るしかないでしょ!!



奇妙なコスプレをさせられるイギリス爺さんたち



しかしサー・イアンはあまり登場せず、ちょっとがっかりです。
けどサー・パトリックがめちゃくちゃ可愛らしいお爺さんだったので大満足。
そしてジェームズ・マカヴォイが信じられないくらいキュートでした。スコットランド男に弱い俺・・・

1970年代のファッションや音楽が素敵。
ラブリーな映画でした。


Gandalf and Picard: a bromance made in sci-fi heaven

キャスターが「おふたりのブロマンスをハッシュタグで表してください」とお願いするとサー・パトリックは#AREN’T WE LUCKY、サー・イアンは#eternalと書いてくれました、という心温まるインタビュー。
どこまで可愛いのおじいさんたち・・・





ツイッターとかで回ってくる写真はご本人撮影だったんですね。

Patrick Stewart and Ian McKellen Post Awesome Stream of NYC Touristy Photos





今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]