ベネディクト・カンバーバッチがBBCのニュースを読む
2014年 06月 07日 |
今日は日本での「シャーロック」シリーズ3エピソード3最終回放送日ですね。


ベネディクト・カンバーバッチさんが6月6日BBCラジオ4の朝のニュースのアナウンサーをつとめたというのでチェックしてみたら、もうyou tubeに出てました
1944年6月6日のノルマンディー上陸作戦70周年記念特集番組だったみたいです。


Benedict Cumberbatch reads D-Day news bulletin - BBC News



もっとBBCのアナウンサーのモノマネっぽい喋り方をするのかと思ってたら意外にご本人の普段の声だった(当たり前か)。

そういえばリチャード・アーミティッジ氏もノルマンディー上陸作戦関係のナレーターをしてたはず・・・と探してみたらこちらもyou tubeにありました。


D-Day's Sunken Secrets. narrator: Richard Armitage



こちらも通常の声の高さだった。
トーリンの声はものすごく低いのに、普段のアーミティッジ氏は普通の人。


D-Dayというとイギリス人にとってはまずノルマンディー上陸作戦、しかし多くのアメリカ人にとっては「ドーナツの日」。だからわれわれアメリカ人は嫌われるんだ、というアメリカン自虐ネタがネットに出回ってました。
私は「ドゥリンの日(※)?」と思ってしまったの。

とりあえず今日はS-Day(シャーロック・デイ)ですね。
#SHERLOCKS3E3



※Durin's Day
ドワーフの新年の元旦。正確にいつかはドワーフにも分らないらしい。
中国大陸の春節休暇(政府が発表するまで決まらない)みたいだな。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]