鈕祜祿氏
2014年 04月 19日 |
《後宮甄嬛傳》第55集で雍正が甄嬛を「鈕祜祿氏」に“抬旗”するという場面があります。


驚いた皇后が
“可以在甄姓的後面加一佳字,抬為甄佳氏即可呀”
(甄姓のあとに「佳」を付け加えて「甄佳氏」に引き上げてやれば済むではないですか)
と答えて無視(笑)されてました。






wikipediaの“抬旗”を見るとズバリ
「康熙帝の生母孝康章皇后の実家の本姓は佟で漢軍八旗だった。康熙帝は佟佳氏に変えて満族八旗に入れさせた」
とあります。
姓に「佳」の文字を加えて満族化して身分を引き上げるという方法があったんですね。



皇后の抵抗むなしく、鈕祜祿甄嬛になりました。「甄」はくっつけたままで良いのか?



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]