英語学習者は発音記号が読めなくてもいい?
2014年 02月 05日 |
NHKラジオの「攻略!英語リスニング」はとても面白い講座で楽しく聞いています。
テキストの柴原智幸先生の巻頭のお言葉も含蓄があって読み応えがあります。

しかし2014年1月号テキストの「講師からのごあいさつ」にはちょっと(というかかなり)驚きました。
リスニングのヒントが書かれているのですが


手がかりとして、聞こえてきたとおりにカタカナで発音を書き込むのでかまいません。もちろんリスニングやシャドウイングなどを繰り返して、最終的にはきちんとした音を身につけることが大切ですよ。
語句に「発音記号をつけてほしい」というご要望も寄せられているのですが、発音記号を見て、きちんと発音できる英語学習者は、そもそも英語を相当聞き込んでおり、英語の音を正確に再生できる方です。そういう方にとって語句リストに発音記号などは、特に必要ないはずですね。


じつは私も内心「語句リストに発音記号ついてればいいのにな~」と思っていたので、言い当てられてしまった気分です。


でも驚いたのは「発音記号を見て、きちんと発音できる英語学習者は、そもそも英語を相当聞き込んでおり、英語の音を正確に再生できる方です。」という部分です。

普通の英語学習者って・・・発音記号を見て英語を発音できないんですか!?


いや私だって発音記号を見て100%正確に発音できる自信はないですが、しかしこの講座を聞いている人はたぶん成人なので、少なくとも中学校で3年以上(大卒なら10年)は英語を学んでるわけですよね。
それなのに発音記号が読めないってなんか変じゃないでしょうか。
しかもこの講座はリスニング強化クラス。発音記号も読めないままリスニングアップって、「楽譜読めずにギターが弾けるようになる!」みたいな矛盾を感じるのですが・・・
(楽譜読めなくても楽器は弾けるかも知れないけど読めたほうが上達が早いという意味で)

ずっと中国語ばかりやってて、英語をどんな風に学習したかすっかり忘れているのですが、英語学習業界ってそんなもんなの?



「中国語を3年やってきたけどいまだにピンイン(または注音)が読めないんですよ」
という中国語学習者がいたら、先輩や老師からのアドバイスは
「文法はいいから、まずピンインをやれ!ピンインを覚えるまで他のことはするな!!」
だと思います。

そしてリスニングをカタカナでメモしていたら、「カタカナは駄目、メモするならピンインにしなさい」と叱られるのではないでしょうか。
(実際にはメモ取り間に合わなくてカタカナで書いちゃうこともあるけど、建前としてはカタカナ禁止でしょう)


中国語が発音にうるさすぎるのか?
でも英語の発音記号が読めなかったら、発音が分からなくて辞書を引いてもやっぱり発音が分からないまま終わってしまうんじゃないでしょうか?
今はスマホや電子辞書でカンタンに発音確認できるから不必要ってことなの?



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]