「白文攻略 漢文法ひとり学び」
2013年 11月 30日 |
「白文攻略 漢文法ひとり学び」
加藤 徹 (白水社)

この手の本は自分と漢文ワールドの距離が大きすぎて読んでも落ち込むだけなのでもう読まないことにしよう、と決めていたのですが、書店で手に取ってみたら開いたページに


吾子房也


とあったのでこれは呼ばれていると諦めて読みました。


作者は大学で現代中国語も教えておられるそうなので、ただの漢文屋さんじゃないところも好感度++です(←漢文専門の人にすごい偏見をもっているオレ)。
文法説明が現代中国語とだいたい同じなので(存現文とか出てくる)とっつきやすい。
音韻についてもちょっと触れてあるので疑問がいろいろ解けました。

私は古漢語(文言文)が読めるようになりたいのです。
昔の書物を読みたいからではなく、現代中国語の書面語を読むためです。
ごく普通の新聞記事、エッセイなどにも書面語は使われています。成語もベースは書面語なので、古文の教養がないとどういう構成になっているかすら理解できません。

中級の初期の頃、理解できない文章があって老師に聞くと「これは書面語だからこういうものだと思って覚えるしかない」という答えが返ってくることがよくありました。

いまも他の学習者がつまづいているところを見ると、古典をもじってたり、ちょっと気取って文言文っぽい表現を使っていることが多い。でもこれまで口語文しか教わってないので、自分が古文でつまづいていることも、そもそもつまづいているところが文語表現であることすら分かっていない。
文語なので現代中国語の文法解析では解けないのに、一生懸命「これが主語で・・・」とやっている。
そういうのを見るにつけ、独学でも書面語を学習できるテキストがあればいいのに、と悔しく思っていたのです。

で、この本はそういう中級レベルで謎の壁にぶつかってもがいている中国語学習者には天の助けのような本だと感じました。


内容の素晴らしさについては改めて記事にします。


ところで冒頭の太祖のセリフ、私は「吾之子房也」だと思っていたのですが、テキストによって違うのでしょうか。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]