《寒戦》 よく分かんなかった
2013年 12月 04日 |
先週末に一人で「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」を見てきました。
しかしストーリーがさっぱり分かりません。
とくに頻出するCPとかPPRBとかいう略語が何のことやら・・・
一人だったから誰に聞くこともできず。

wikiの中文版を丸写し参考にキャストと組織関係をまとめてみました。


☆キャスト

(保安局)

■劉德華:陸明華(Philip)
保安局局長
じつはこの映画でいちばん役職が上なのはアンディ・ラウだったんですねー。(私はただの広報担当者だと誤解してました)
アンディは「民間特首」とも呼ばれ、香港特首選のたびに「次の特首はぜひ華仔に」という声が上がるそうです。
保安局局長みずから香港の安全性を力説する場面は香港人の夢の現れなのかも。


(警務處)

■王敏德:曾向榮(York)
警務處處長
ずっとコペンハーゲンに出張してた。マイケル・ウォンはいまだにガイジン役なのか。
いまでも香港警察のトップにはガイジンがいるんでしょうか?大陸の公安に取って替わられてないの?(無知)



(警務處管理組)

■郭富城:劉傑輝(Sean)
警務處副處長(管理)→署理警務處處長→警務處處長

警務處には副處長が二人いて、それぞれ管理事務と行動を管轄しているとwikiにあります。
映画では同レベルの役職者二人(とその取り巻き)が次期處長の地位を巡って対立しているという設定でした。
アーロンが肉体派だと思い込んで見てたので大混乱。

署理=臨時に職務を代行すること
署理cyu5 lei5を處理 cyu2 lei5と思い込んでた自分の耳の悪さが悲しい。


■錢嘉樂:徐永基(Vincent)
高級警司
カロちゃんのカーアクションかっこよかった。
借金の理由は警官によくある賭博でしょうか。それとも炒股かな。


■尹子維:杜文(Man/阿杜)
警司(信息系統首席總監)
テレンスは陰で画策してるっぽい雰囲気だったのに何もなかったんでしょうか?(全然分かってない私)


(警務處行動組)

■梁家輝:李文彬
警務處副處長(行動)
二人いる副處長のアクション担当。O記※とかで叩きあげてきたようです。
カーファイはいい年の取り方してますね。抑えた演技がうまい。
背後にずっと「We Serve with Pride and Care」というモットーが映ってて気になりました。警察の壁に本当にあんなこと書いてあるんでしょうか。


■楊采妮:梁紫薇(Phoenix)
警察公共關係科總警司
チャーリーはただの秘書とかではなくて偉い人です。總警司です。
カーファイを罷免するために5票必要と言ってましたが、アーロン、カロちゃん、チャーリー、ラム・ガートン以外のもう一人は誰?テレンス?


■林家棟:鄺智立(Albert)
高級警司
役職は錢嘉樂と同級。でもカロちゃんが事務方でラム・ガートンが行動組ってなんか腑に落ちない。


■安志杰:石米高(Michael)
警司(特別任務連指揮官)
・・・この俳優さん見たことあるけど誰だろう・・・と思ったらまたもアンディ・オンだった。ごめん。


■彭于晏:李家俊(Joe)
衝鋒隊警員。李文彬の子。
エディ・ポンも30過ぎてるのにこの面子の中にいると子猫ちゃんみたいですね。


(?)

■何華超:魏威廉(William)
九龍灣金庫主管
この人は金融局(?)の人なのか?


(廉政公署)

■徐家傑:麥啟文(Matthew)
廉政公署執行處首長
この役者さん本当に廉政公署出身だそうです。突然解雇されたらしい。


■李治廷:張國標(Billy)
廉政公署首席調查主任
一人だけ若すぎてちょっと不自然だったんですが・・・若者にもがんばってもらいたいので応援してます。
取り調べ室に「20℃」とか表示があったのは室内温度なんでしょうか


☆組織&役職

<警察関係>

■保安局(SB(Security Bureau))

香港警務處、香港海關、入境事務處、懲教署、政府飛行服務隊、香港消防處、醫療輔助隊和民眾安全服務隊を管轄する


■香港警務處(HKPF(Hong Kong Police Force)
格言:服務為本,精益求精 We Serve with Pride and Care

警務處處長は二名の警務處副處長にサポートされる。
一名は行動を主管し、行動處、刑事及保安處の二部門を管理する。
もう一名は管理事務を主管し、人事及訓練處、監管處、財務及政務及策劃處の三部門を管理する。


■警察公共關係科(PPRB(Police Public Relations Bureau))
香港警務處行動處支援部に属する

■衝鋒隊(EU(Emergency Unit))
主要な任務は機動性巡邏、災害支援を含む突発事件の処理、內部保安の維持、999の緊急通報に対する迅速な対応など。


・警務處處長(CP(Commissioner of Police)俗稱「一哥」)

・警務處副處長(DCP(Deputy Commissioner of Police))

・總警司(CSP(Chief Superintendent of Police 俗稱「一拖二」)

・高級警司(SSP(Senior Superintendent of Police)俗稱「一拖一」)

・警司(SP(Superintendent of Police 俗稱「老巡」和「風車」)

・警員(PC(Police Constable 俗稱「老散」或「散仔」)


<廉政公署>

■廉政公署(ICAC(Independent Commission Against Corruption))

香港政府首長に独立して責任を負う。職務は「打擊貪污及舞弊等」。
初期の調査対象は公務員のみだったが、現在は共事業機構、私人機構にまで拡大。
通報は24時間体制で受けつけ、48時間以内に回答してくれるそうです。



この映画のエピソードのいくつかは実際に香港で起きた事件をパロっているので香港では大受けだったそうです。
たとえば冒頭の判事の甥を名乗る青年が飲酒運転で事故を起こす場面と似たような事件が数年前に起きてます。(法官の姪だったと思う)

香港の優位性を強調しつつもビルから香港マークの看板が落ちちゃったりするし、香港人の自虐と希望のつめこまれた映画のように思えました。
大陸の俳優を使わず、香港(と台湾)の生え抜きの俳優だけで面白い映画を作るぞ!という意地とプライドが感じられるところも香港で受けた原因でしょうか?
“中文”(中国語)という単語が何度か出てましたが、すべて「広東語」のことで、現在の支配言語のはずの「普通話」はほとんど聞かれず、エリートは英語が共通言語というのも興味深いところです。

"Say sorry"(謝る)
"Call 白車"(救急車を呼ぶ)
など動詞が英語化してるのが面白かった。

"聴我order"(わたしの命令を聞け)
なんてのもありました。


徐家傑先生が組織の「暗黙のルール」について語っておられます。かっこいい。
[ 製作特輯 08 - 潛規則] 《寒戰》ColdWar 11月8日 全面爆發




※好きな広東語の言葉は無数にあるのですが“O記”(Organized Crime and Triad Bureau 有組織罪案及三合會調查科)という単語を聞いたときの快感に比すべきものをいまだに知りません。
「オゥ」の外来語っぽい高い発声と「げい」の第3声の無機質な響き・・・くらくらします。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]