What day is it today? に感じる違和感 【超駄】
2013年 10月 19日 |
前にも書いたんですけど。

Essential Grammar in Use. のbe動詞の例文

What day is it today?

を見てパニックを起こしかけました。
過去記事
What make is your TV set?



What day is it today?
ものすごい強烈な違和感を感じます。なぜだろうとずっと考えてました(教訓:馬鹿の考え休むに似たり)


同じ意味の質問を日本語だと
今日は何曜日(ですか)?

中国語(普通話)だと
今天星期几?


中国語の入門者向けテキストで「中国語は英語と語順が同じなので英語で考えましょう」などと書いてあることがありますが、ウソですね。
むしろ中国語と日本語のほうがよっぽど語順が同じです。


今天星期几?
これは中国文法業界では超有名な「名詞述語文」ですね。
主語(今天)も述語も(星期几)も名詞。名詞+名詞でできている文章です。

はじめて中国語の「名詞述語文」を学習したときには「とんでもねー構文だな」と思ったものですが、考えてみれば日本語だって格助詞を省略したら同じことじゃないでしょうか。

(日)今日何曜日?(名詞+名詞)
(中)今天星期几?(名詞+名詞)



それで、どうして英語だけ超絶に気持ち悪いかというと


What day is it today?


・・・だからこのitとか isって何なんですか?(振り出しにもどる)


英語って(いまさらだけど) 「名詞述語文」が存在しないんですねえ。
述語は動詞でないといけないので、無関係なisを急に連れてきたりして。

もうちょっと柔軟に考えられんのかな、名詞を述語にできることにしたらisはいらないのに。
ついでに何の意味もないitもこのさい思い切って削除しちゃいましょう!

結果は・・・


(*)What day today?

いいですねー、いい感じです。でもね、ここでは「今日が何曜日か」と聞きたいわけですよ。主役は今日なの。
「何の日が今日か」じゃないのよ。英語はそこが分かってないわよね。

そこで「今日」を主語の位置にもってきて


(*)Today what day ?

いいですね!パーフェクトです!!


(日)今日何曜日?(名詞+名詞)
(中)今天星期几?(名詞+名詞)
(英) (*)Today what day ?(名詞+名詞)


ピジン英語ってこうやって生まれたのでしょうね。
でも日本人と韓国人と中国人で英語で会話する必要があるときは、ピジン文法のほうがよっぽど通じそう。



あと日本人の心を混乱させるのは

day
という単語で「週の曜日」も「一年の特定の日」も「ある一日」も全部あらわしちゃうところじゃなでしょうか。

What day is it today?

とガイジンに聞かれて
「あっ、ごめん今日誕生日だった?プレゼント準備してないよ、どうしよう、いまからケーキ買ってこようか?」
とパニックを起こしてしまった日本人はわたしだけじゃないはず。
「いや・・・月曜日か火曜日か知りたいだけ」
などとフォローされて
「だったら“曜日”って単語を創設しろよ!まぎらわしいんだよ!!」とドラゴン怒りの鉄拳をかましたくなった経験があなたにもあるはずです。我不是東亜病夫!


もうちょっと名詞をきめ細やかに作ればいいのにね。
そしてできればアルファベットだけじゃなく漢字を使ってほしい。(希望)



次回は
What time is it?に感じる違和感
をお届けします。
お楽しみに!


(おまけの疑問)
そういえば日本語のウナギ文だって単に名詞述語文なだけじゃないの?
英語にも“I, Robot ”なんちゅうのがある気がするけど。あれは非文?


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]