How is cheese made?
2013年 09月 09日 |
お願い:
今日の記事を読まれた方は「このブログ主本当に義務教育完了してるのか?」と深い疑問にさいなまれることでしょう。しかし「做人要厚道」、温かい目で見守ってやってください。


数々のウロコを目から振り落としつつEssential Grammar in Use. の本文と練習問題が終わりました。

中でもものっすごく驚いたことメモ第二弾。


+++made+++

こんな例文がありました。

How is cheese made?


訳してみると
「チーズを作るのはどうですか?(好きですか?/やってみませんか?)」

・・・違いますね。当然「チーズはどのように作られますか」ですね。

でもさー
How is your mother?(お母さんお元気?)
How is your cold?(風邪の具合どう?)
How is Japan?(日本の景気は?)
と同じ構文で
How is cheese made?
ってどうなのよ。

てかcheeseって何で単数なのよ。何で冠詞不要なのよ。

といろいろ分からなくなりました。



Appendixに平叙文と疑問文がペアで載ったのでメモ

We make butter from milk.
Butter is made from milk.

How do they make butter?
How is butter made?


いちばん分からんのは
・どうして疑問文になるとdoとか出てくるわけ?あんた平叙文のときはどこにいたの?疑問文の時だけ出てくるとは卑怯なり。
・どうして疑問文になるとtheyとか出てくるわけ?あんた誰?そしてどうして受身になると消えるの?ニンジャか?
・どうして受身になるとisとか出てくるわけ?受身は動詞の内部で処理できんのか?(madeになってる段階で受身って分かるからisは要らんと思う。ちうか受身と過去分詞が同じ活用というのは紛らわしくて良くないから受身は思い切って違う活用にしたらどうかな。全部に-saretaをつけるとわかりやすいよ、make-saretaとか)


書いてて自分のアホさかげんに呆れました。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]