省略となんちゃって省略
2013年 06月 29日 |
English Pronunciation in Use: Advanced(二回目)の27課はContracted forms(短縮形)、28課はEllipsis and "near ellipsis"(省略となんちゃって省略)。


Contracted forms(短縮形)で勉強したのは、

'd =had would
's =is,has
've =have

てことです。みなさん知ってますね。
しかし私は wasは's と省略しないことを知りませんでした。
それと一般的に省略形は語尾に置けないことも知りませんでした。
(I'm sure he willは I'm sure he'll と省略することはできない)

さて、口語では複数の省略を合わせ技で用いることもあるそうですよ。
would/will+have I'll've finished...,He'd've loved to...って使い方をするそうです。
まあ私には不要の知識だけどね。

私が怒りにめらめらしたのはそのあと。

(直訳)
非公式な発話では、省略'd (had)と've (have)は、動詞が had better とhave got to で脱落することがあります。

You('d ) better apologize to her.
You('ve) gotta(=got to)be joking.



・・・こういう会話って早口で聞き取りにくいなあ、でも文法的にぜったい'dがあるはずだよね、と一生懸命耳をすませていたのに・・・
そもそも発音してなかったんかい!とひとりで突っ込みました。


28課はEllipsis and "near ellipsis"(省略となんちゃって省略)で学習したのは

A What's the matter?
B I've got a headache.

という会話で、Bのお返事がしばしば主語などを省略して

Got a headache.


となるってことです。これがellipsis。
たしかにいきなり動詞からはじまる台詞ってドラマとかでよく聞きます。これは知ってたのでOK。

問題はそのあと

(直訳)
しかし、しばしば、単語は完璧に省かれず、省略された単語のごく短い音だけが残ります。

've got a headache.(/vɡɒt.../)

これをnear ellipsisと呼びます。


・・・全部発音するか全部省略するかどっちかにしてくれませんかね・・・

いままで「I've gotって言ってるはずだけど've gotって聞こえるのは私の日本人耳が悪いんだ、もっと英語耳を鍛えなくちゃ!」と努力してたアタシのがんばりをどうしてくれる!
(しかしこのテキスト2回目なのであまり文句もいえない)


なんちゃって省略のお友達を紹介しますね!

I'm not sure.
Not sure.
'm not sure.

He's gone home.
Gone home.
's gone home.

It's really hot.
Really hot.
t's really hot.

Is that Ken?
That Ken?
's that Ken?

語頭にいきなり子音が来るほうが発音しにくい気がするんですが・・・英語ネイティブの気持ちが分からない。
あと「'」って大文字ないの?

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]