《楚漢伝奇》 第44集
2013年 06月 16日 |
キャプチャ取り過ぎて1話しか進まなかった・・・


《楚漢伝奇》第44集

今日の成語

■项庄舞剑,意在沛公(項莊舞劍,意在沛公)
xiàng zhuāng wǔ jiàn,yì zài pèi gōng
项庄席间舞剑,企图刺杀刘邦。比喻说话和行动的真实意图,别有所指。

■人为刀俎,我为鱼肉(人爲刀俎,我爲魚肉)
rén wéi dāo zǔ ,wǒ wéi yú ròu
刀俎:刀和刀砧板,宰割的工具。比喻生杀的权掌握在别人手里,
自己处在被宰割的地位。
《史记·项羽本纪》:“如今人方为刀俎,我为鱼肉。”

■秋毫无犯(秋毫無犯)
qiūháo-wúfàn
秋毫:鸟兽秋天新换的绒毛,比喻极细微的东西;犯:侵犯。指军纪严明,丝毫不侵犯人民的利益。
《史记·项羽本纪》:“吾入关,秋毫不敢有所近,籍吏民,封府库,而待将军。”



やっと戻ってきた張良zhāng liáng(霍青)は、劉邦が会いたがっていると言います。



怒る項伯xiàng bó(許毛毛)
このあいだから呼び方が子房兄→子房→張良と降格してて、ついに好你個子房に。



「好你個○○」の用法についてはこちら
〔新三〕 第39集 好你個刁鑽的子敬啊
当時の子敬さん(回想)





項伯はせっかく命がけで助けに来たのにとお怒りです。



劉邦liú bāng(陳道明)登場



なぜかついてきてる蕭何xiāo hé(楊立新)が項伯に逆切れ



張良が告げ口したと悟る項伯



この展開は良殿も予測してなかったのでは?それとも全員グルなのか?



ダオミンを見るといつも「顔がキレイ」という感想しか浮かばないのですが、「下去」の「去qù」の発音もとてもキレイでした。
どうやったらキレイな有気音になるのか教えてほしい。唇は丸いのですね。



こうなったら劉邦と心中するという良殿。
困る項伯。姪児を説服してくれることになりました。



こっから鴻門宴です。けっこう早い展開。(大秦帝国時代が長過ぎた)



もう酔っ払ってるのか項羽xiàng yŭ(何潤東)よ



范増がいろいろイチャモンつけてくるのを一人で撃破する劉邦。
ダオミン軍師不要。


良殿が黙ってるのがまた怖い



范増「挙所佩玉玦以示之者三」してます
玦juéと決juéが同音



同年同月同日死を持ち出して項羽を感動させる劉邦。



張良はずっと黙ってる



ほとんど「ダオミンの一人芝居を楽しむ会」になってます
ここで成語“秋毫無犯”(軍規を厳密に守り一般市民の利益をいささかも損ねない)が出るはずでしたが出ませんでした。思いっきり有犯だったしね。



ギャラリー項伯



もうこのまま台詞ないのかと心配したわ良殿



項荘(蔡宜達)が剣舞をはじめました。
これが成語“項莊舞劍,意在沛公”(言葉や行動の真のねらいは別のところにある)の由来です。
同じ意味のことわざとしては“醉翁之意不在酒”のほうがよく使われます(日常会話では)。

項伯が阻止。



別室で供応を受けてる運転手さん。



良殿が樊噲fán kuài(康凱)を呼びに来ました
たぶんすごく広い部屋なんだろうけど大男ばかりで狭苦しく感じられる



目で訴える良殿



鉄牛ちゃん「羽将軍に呼ばれてるから行ってきますわ~」



接待役は龍且lóng jū(范雨林)でした。むさくるしい宴会だ・・・
今日の堅パパ



張良が一人で龍且と鐘離昧を阻止。もしかして劉邦軍最強かも。
後ずさりしてさっと部屋を出て行くところがかっこよかった



意外に張良のほうがでかい。
樊噲は今日ちゃんと成語を言えた唯一の人物。
「人爲刀俎,我爲魚肉」(他人に生殺与奪の権を握られている)



しかし声が大きすぎる三弟



樊噲登場~ジャジャーン!
《水滸》だったらここでテーマソングがかかるのに・・・《楚漢》は音楽がイケてなくて悲しい。
♪ションディーイーアルサンスーウ~兄弟相逢三椀酒~(代わりに歌っときました)



楚軍は夜見るとお魚軍団みたい



鉄牛ちゃんの話につい感動してしまった・・・
康凱は同じような役ばっかりやってるうちにずいぶん演技が上手くなってる



ファジャンシル オディエヨ?화장실 어디에요?
「出て左」は「出門左转」でよいのですね。



雍歯yōng chǐ(尤勇)に捕まりかけるが見逃してもらう劉邦。
裏切ったのは曹無傷と教えてくれる雍歯。

なんで雍歯がおいしいところを持って行くの!?


うちの電脳では「生殺与奪」が「せいさいよだつ」で変換できなかったのでネットで調べたらいまは「せいさつよだつ」と読むのが主流なんですね。

中国語の辞書の説明は
生杀与夺(生殺與奪)shēng shā yǔ duó
同“ 生殺予奪 ”。 《通典·职官三》:“《周官》内史掌王之八柄,爵禄廢置,生殺與奪,執國法及國令之貳以考政事。”
・・・《周礼》に出てくる由緒正しい成語でした。由緒正しすぎてクラっとした。
「殺」は昔は発音が複数あったようなのですが、現在はshāに統一されてるみたい。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]