「銀河ヒッチハイク・ガイド」映画版DVD観賞
2013年 06月 02日 |
☆☆☆ただいま初夏のバカSFフェア開催中!(@ブログ主の頭の中で)☆☆☆


The Hitchhiker's Guide To The Galaxy

以下ダラダラした感想


マーティン・フリーマン目当てで買いました。
もともとダグラス・アダムズの小説も好きだったのですが、映像で見るのが面倒くさくて見てなかった。反省してます。

オープニングの底抜けに明るいイルカちゃんの♪さようならいままで魚をありがとう~という人類滅亡ソングが笑える。

マーティン・フリーマンがとてもキュート。他のキャストもチャーミングでよくできた映画でした。
フードで顔を隠した謎の人物が登場するのですが、ビル・ナイと分かってしまった自分の「デコはげセンサー」の鋭さが怖いわっ。(ビル・ナイが出てるの知らなかったのです)

映画版のオリジナルキャラクターで大統領に恋する女性副大統領が出てきてとても可愛い。
DVDのおまけの「削除された場面」に大統領と副大統領のキスシーンが収録されてます。どうしてカットされちゃったのかな。もったいない。

「マジ削除された場面」にすごいアホっぽい場面を撮影する場面が。マーティン・フリーマンはその場面が気に入らないらしく、製作スタッフに何か言ってる。大統領役のサム・ロックウェルは誰かと携帯で喋ってて、「静かにしてくれない?」って身振り。マーティンとスタッフは電話の邪魔しないようにカメラから離れたところで話し合い。
マーティンは怒ってるっぽい。プリーフェクト役のモス・デフがおろおろしてなだめようとしてる。
ってところでサム・ロックウェルの電話が終わって「え?どしたの?」とぽかんとしてました。何じゃこりゃ。何かのコント?

マーティン・フリーマンって親しみやすい外見のわりに、中身は神経質で気難しそうな気がします。

コメンタリーもなんかごちゃごちゃ言ってる感じ(←それがコメンタリー)だったがぜんぜん分からなかった。
日本版DVDには字幕ついてるのか・・・日本版買えばよかった・・・(でもUK版のほうが安い)


DVDのおまけにはミニ・ゲームもついてて、4文字の単語を当てるんです。間違った文字を選ぶとロボットのマーヴィンの手や足が取れて、そのたびにマーヴィンに「アドバイスしようかと思ったけどどうせ聞く気ないでしょ」とかネガティブなコメントをされて辛い・・・
数回間違えるとマーヴィンがバラバラになってさらに陰気なコメントされてゲームオーバーという心臓に悪いゲームです。

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]