母音をつなぐときの発音(英語の)
2013年 03月 21日 |
中国人がアルファベットを発音するときに、英語には存在しない母音を頭につけることがありますよね。
たとえば

X→アエクス
M→アエム

って感じで。
こういう発音は北方人だけのようで、南方人は日本人と同じような発音をするみたい。
おそらく北方の中国語には「エ」で始まる音が存在しないため、補助的に「ア」をつけるのではないかと思います。
(が、中国人にそう指摘するとムキになって「ちゃんと正しい英語の発音してるもん日本人よりマシだもん!!」と反論してくるので言わないようにしている※)


しかしそれは中国人だけではなくて英語ネイティブでもやるらしく、English Pronunciation in Use: Intermediateの39課の「Joining words」にこんなことが書いてありました。略語などでアルファベットをそのまま読むときの発音について


時には母音を分けるために余分な音をつけ加えることがあります。例を聞いてみましょう。つけ加えた音は小文字です。

URL /juː (w)ɑː (r)el/
AIM /eɪ (j)aɪ (j)em/
BORN /biː (j)əʊ (w)ɑː (r)en/


ブログでは小文字にならないので()に入れました
でもなんかあんまりピンときませんでした。(w)(r)(j)がついててもついてなくても大して変わりない気が。


それより更厳重なのはアルファベットの読み方と数字の読み方がよく分からないのと、聞き取りがぜんぜんできないことです。

イギリスでは同じ数字が二つ並ぶときはdoubleなんとかって言うんですね。
00だったら double 0/dʌbəl əʊ/。
広東語でも同じ数字が二つ並ぶときは33→孖三maa1saam1と言いますが同じ感覚でしょうか。
でも数字を予期してる時にdoubleなんていわれると混乱するよねー。数字は粒読みで頼むよ。


そして読み上げられた住所を書き取る練習問題があるんですけど、郵便番号の「W2」/dʌbəljuː tuː/を「ダブル2」かと思って「22」と書き取ってしまったという・・・郵便番号に「22」なんてありえないですかそうですか。


あとイギリス英語はRを/ɑ/ːと発音するのでアー→Aと思って混乱します。(それはドイツ語、と自分で突っ込んでおきました)


※これ前も言ってた、しつこい俺
広東語初級教材 香港粤語 〔基礎文法Ⅰ〕



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]