すべてが/ə/になる
2013年 02月 28日 |
以前にも書いたネタなんですが、English Pronunciation in Use: Intermediate(二周目)をやってたらまた出てきたのでメモしときます。

Unstressed vowels /ə/ and /I/という回です。

二つかそれ以上のシラブルのある単語では、少なくとも一つの母音が弱くなる(ストレスを持たない)。
弱いシラブルでは多くのネイティブスピーカーがしばしば弱い母音/ə/ と /I/を使う。


と書いてありました。

/ə/を使う例としてあげられているのは(/ə/を赤色にしてみたらかえって分かりづらい・・・赤いけど強く読むのではなく弱く読みます)

弱いA:banana/bəˈnɑːnə/, woman/ˈwʊmən/
弱いE:garden /ˈgɑːdən/
弱いO:police /pəˈliːs/
弱いU:support/səˈpɔːt/, figure /ˈfɪgə/



bananaってバ・ナ・ナじゃなくてbənəなんですねえ。極端に発音すればbn。
figureもフィ・ギュ・アじゃなくてフィgə。いわばフィg。(いやそれは極端すぎ)


この回でおおなるほど!と思ったのはそのあとの説明です。


多くの英語話者(とくに非ネイティブスピーカー)は弱いシラブルの母音を/ə/に変えない。


「だからダメ」だとは書いてないのですが(この教科書ではどんな英語も許容してる)、非ネイティブスピーカーの英語が英語らしく聞こえない理由はここにあるのでしょうね。


英語の発音って母音をおおげさに発音すればネイティブっぽく聞こえるような気がしてました。
だからどの母音も綴りどおりはっきり発音して、一箇所だけ高くすればいいのかと勘違いしてた。

ほら

ナ~

って感じで。
でもそうじゃないんですね。bənəなのね。
母音を綴りどおり(でもないが)発音するのはひとつだけで、残りは/ə/なのね。



/I/を使う例もメモしておきます。

弱いA:orange/ˈɒrɪndʒ/, cabbage/ˈkabɪdʒ/
弱いE:begin /bɪˈgɪn/, women /ˈwɪmɪn/
弱いI:music /ˈmjuːzɪk/
弱いU:lettuce /ˈlɛtɪs/, minute/ˈmɪnɪt/



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]