《天下人家》 第4~7集  
2013年 01月 15日 |
ブログ主+読者3人で楽しむ《天下人家》の時間がやってまいりました。 



詳細はこちらをどうぞ→天下人家 百度百家
  
角色(演員)
(唐ファミリー)
唐中秋(于和偉)----葬儀館の化粧師、唐家の長男(老大)
唐端午/曹宗平(霍青)----唐家の次男(老ニ)、副市長・曹蔚芳の養子
唐重陽/常貴(于濱)----唐家の三男(老三)、養父母は早くに逝去したらしい
龐溪(李依暁)----唐家の末っ子、養母と二人きりで生活している
唐茂盛(許毛毛)----唐兄弟の実父

(卞ファミリー)
卞倍(石小満)----唐中秋の養父
劉美珍(李野萍)----唐中秋の養母
卞梁/黒皮(李継春)----卞倍の実の息子、唐重陽の不良仲間

(曹ァミリー)
曹蔚芳(潘虹)----曹宗平の養母、副市長
楊暁慧(劉涛)----唐端午の女朋友
荘小雲(陳曦)----唐端午の前妻
王秘書(王冬明)----曹母の秘書

(その他)
顧琳(楊童舒)----唐中秋の妻子
龐姨(李明啓)----龐溪の養母
沈亦栄(張博)----龐溪の同学、律師
林倩(李雯雯)----龐溪の同学、好朋友
科長(洪剣涛)----唐中秋の領導



《天下人家》第4集


唐中秋(于和偉)は黒皮の告訴を取り下げてもらおうと、被害者・曹宗平(霍青)のオフィスにやってくる。
曹宗平は民生局のお役人様。

唐中秋「曹先生ですか?」



曹宗平「そうです」
(ダジャレ訳にしてみました・・・ごめん)



唐中秋「わたしはあなたが昼間ぶつかった弟です」
曹宗平「?」



唐中秋「じゃなくて昼間あなたにぶつかったのが私の弟です」
唐中秋は言い間違いの多い人という設定のようです。
中国のドラマはこういうどうでもいい台詞が多くてどんどん長くなります(どうでもいい情報)



唐中秋は初対面の曹宗平に「自分は養子で黒皮は実子なので黒皮に何かあったら養父母が悲しむ」というプライバシー情報を遠慮なく漏洩。
しかしそれが曹宗平の心を動かしました。

曹宗平「あなた養子なんですか」



曹宗平は黒皮の起訴は以前の保険金詐欺に関わることだから自分にはどうにもできないが、いま政府が人民への新たな法律援助プロジェクトを行っているので、本件を登録しておきましょうと提案する。
良い人民政府ですね(棒読み)。



唐中秋の名前を聞いておどろく曹宗平。
曹宗平「唐中秋?」



唐中秋「そうです、唐朝の唐、中秋節の中秋です」
説明しやすい名前でうらやましい。日本人が中国語で名前を説明するのたいへんじゃないですか?



電話番号をメモしながらもすごく動揺してる曹宗平。
ペンを何度もノックしてるところがカワイイな~



曹宗平は弁護士をやってる同学に黒皮と常貴の弁護を依頼します。(人民政府の援助ではなく曹宗平の個人的な根回しって気がするが・・・)
何か事情があるのか勘ぐる同学。



曹宗平「隠さずに言おう」



曹宗平「考えすぎだ」
・・・かわいい・・・



人民政府の熱情な対応に感激した唐中秋が点心を持って御礼にきました。
いったんは断った曹宗平ですが、礼物が稲香村のお菓子と気づいて受け取ります。
北京稲香村がスポンサーなのか、やたらに画面に登場します。

曹宗平「牛舌餅もある?」



曹宗平は牛舌餅が大好きだが、幼少のころ外地へ行ったのでずっと食べてなかったと語ります。
牛舌餅はうなぎパイみたいな細長い形のスナックです。

唐中秋は曹宗平が牛舌餅を食べるようすを見て、生き別れになった上の弟を弟を思い出します。




黒皮の実父はショックで倒れて入院しちゃいました。
常貴(于濱)に面会に行く唐中秋。

黒皮が実刑になったら養父もどうなるか分からないと泣きつく唐中秋。



常貴は「オレに一人で罪をかぶれって言うんだろ?」と怒って面会を打ち切ります。



去って行く常貴の上腕部に火傷のあとが・・・
唐中秋は自分たち兄弟がお互いの目印につけた火傷ではないかと疑います。




《天下人家》第5集


曹宗平は唐中秋に「常貴が生き別れの下の弟じゃないかなあ」と相談されて驚きます(そりゃ驚くわ)



唐中秋は収監中の常貴のDNA鑑定を依頼します。
曹宗平はお役人だけにあちこちにコネがあって友達になると便利です。
常貴には通常の身体検査と嘘をついて血液を採取したようですね。人権侵害・・・



しかし曹宗平が兄と会っていることはママにばれてました。ママは情報網が広いのです。






DNA鑑定結果は「99.99%吻合」。吻合(完全に一致する)ってこういうときに使うのか。



唐中秋は常貴に結果を見せます。
常貴意味不明中。



唐中秋「きみはわたしの実の弟で、本名は唐重陽だ」



しかし常貴は兄弟関係を認めず、オレの名前は常貴だと言い張ります。




《天下人家》第6集


唐中秋は曹宗平に結果を報告。



曹宗平は“認”したのか尋ねます。ここの“認”は血縁関係を認めることです。




曹宗平は妻に帰ってきてもらおうと努力しています。
孫ができればママの注意もそれるかも知れないからこどもを作ろうと言い出す曹宗平。



曹宗平「“隔輩親”(世代を隔てたほうが親しみを感じる)だろ」
中国でも孫には甘いようですね。



就職活動中の龐溪(李依暁)は意気軒昂です。
龐溪「杜拉拉みたいに世界500強の会社に入社するの」



唐中秋は杜拉拉って誰?と聞いて若者にバカにされました。このドラマ撮影中に流行してたんですね。




《天下人家》第7集


曹宗平は別居中の妻に忘れ物をとどけに行きますが、そこには見知らぬ男が・・・
男「水の配達か?」



奥さんは他の男と同居してました。
しかし水の配達と間違えるだろうか普通。



離婚を切り出す奥さん。






このドラマの脚本はシリアスな部分とコミカルな部分が乖離しすぎてると思います。
曹宗平はどっちも全力投球なので見てて疲れる・・・


曹宗平は異動で“拆遷”(区画整理)の担当になりました。
区画整理対象に偶然唐中秋の家も含まれていました。

立ち退きを拒否する家庭を“釘子戸”と呼びます。
唐中秋の妻は補償金吊り上げを目当てにねばる典型的な“釘子戸”のようです。

測量をさせてくれないので、夜中に測量に来るお役人たち。ご苦労さん。
曹宗平は壁をよじのぼって嫂子に突きおとされちゃいました。



妻がお役人を入院させたと聞いた唐中秋が見舞いに行くと、相手は曹宗平でした。
曹宗平はママに唐中秋との接触を禁じられて、異動を内緒にしてたんですね。



自分を避けてるのか?と聞く唐中秋に、自分は区画整理担当という敏感な仕事を担当してるので、黙っていたんですよと逃げる曹宗平。
この顔かわいいな・・・(話どうでもいいオレ)



唐中秋「役人は考えることが多いね」



曹宗平「そうなんです、疲れますよ」
この顔かわいいな・・・(話聞いてないオレ)




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]