《新水滸伝》 46~58集 黒三郎一統江湖
2012年 12月 14日 |
第46集撲天雕双修生死書
第47集一丈青単捉矮脚虎
第48集三打祝家荘
第49集王英娶親
第50集美髯公誤失小衙内
第51集入雲龍鬥法破高唐
第52集鼓上蚤盜甲
第53集大破連環馬
第54集過三山宋江渉険
第55集呉用換命説衆虎
第56集三山同心帰水泊
第57集夜打曽頭市
第58集晁天王中箭


第55集で魯智深が再登場してました。(昨日も見たって?それは幻覚です)
二龍山に黒三郎etcが協力依頼に来たようです。

禿驢~



魯智深と黒三郎は初対面なんですね



魯智深を勧誘する黒三郎



しかし楊志は以前呉用のせいでひどい目にあったので、まだ許せない
ツンツンしてる青面獣がかわいくてたまりません



楊志をなだめる魯智深
禿驢、青面獣、武松が並んでると妖怪トリオみたい。



楊志は呉用が宋江にどれくらい忠義か見せてもらおーじゃないの、と黒三郎を殺そうとする



呉用は「自分の命と引き換えに」といきなり自分を刺しちゃいました。そこ刺したら死ぬ・・・
びっくりしてる楊志がカワイイ



魯智深に叱られた楊志はショックで家出(可愛いやつ)



孫二娘夫妻が迎えに来ますが「もう役人になるんだもんねー」とスネる楊志(・・・可愛い・・・)
役所から差し入れの夜食をヤケ食いしてます



孫二娘が「妹妹のメンツを立てて戻ってください」と言うが楊志はスネたまま。
オレも孫二娘に「妹妹」って言わせてみたい・・・うらやましいぞ青面獣!



官軍と戦う禿驢&武松
・・・コスプレか?



青州の官軍に苦戦した魯智深etcは宋江の配下になることを希望



いつもの展開



梁山泊の天王は援軍を出すことに決めました
(めったに登場しないけどまだこの人が頭梁)



林教頭が援軍に志願しました
林教頭は前髪がないと意外にフツウの顔だ



楊志も機嫌を直して戻ってきてめでたしめでたし
後ろで嬉しそうにしてる魯智深は良い人だな
楊志のスカーフはフードにもなる着回し効果の高いアイテム



梁山泊にまたも好漢が増えました
自分と梁山には深い縁があるという楊志



呉用「天が定めた縁ですよ」(うげー)



呉用「あなたは我々の財神爺だ!」
(楊志が護送してた宝物を奪って、それを基金に梁山は建てられました。梁山のみなさん感謝しましょう)



天王の存在感の希薄さは三国演義の孫権なみ(顔も演義の孫権系)・・・と思ってたら、本当に孫権みたいになってしまった天王
「赤壁の戦い開戦」



みんな止めてるのに自ら付近の賊を征伐に行くと言い張る天王
フラグがいっぱい立っています(タイトルでネタバレしてるし)




臨終の天王は宋江に意外なことを言ってました



何も答えない黒三郎
さすがにこういう場面のハンユーは上手い



苦悩する黒三郎
朝廷に帰順するかどうかってけっこう初期のころから考慮してたんですね。思いつきかと思ってたよゴメン




△▼△今日の動物CPさん△▼△
(検索よけのため動物名にしています(無意味))

狗頭×青面獣

青面獣が吐血して倒れました



狗頭「青面兄は最近」



「サナギとか食べませんでした?」
食わねえよ、そんなもん!と思ったら



食ってたよ!(差し入れの夜食)



狗頭「そういえば役人が揚げたサナギを送ってきた」



狗頭「酒を飲みましたね」



青面獣「洒家は酒を飲むのが大好きなんだ!」( o(`ω´*)oぷんすか)
(・・・可愛い・・・)



七彩蚕蛹の毒とかいうのに当たったようですが、狗頭が薬をくれて直りました。毒の説明はなかった



狗頭の心の広さに感動する青面獣
(むすっとしたままお礼を言うところがカワイイ・・・)



中国へ行ったときにテレビでこの回を見てしまい、蛹がトラウマになりました。(いつ中国へ行ってもやってるこのドラマ)

△▼△今日の動物CPさん おわり△▼△


青面獣はスネたりむくれたりする演技が多いのですが、どれもとっても可愛い。つねってやりたくなります。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]