「英会話タイムトライアル」 再トライ
2012年 11月 28日 |
そういえば「英会話タイムトライアル」をさぼっていたことを思い出して時々再トライしています。

しばらく前はアメリカ人から突然電話がかかってきていろいろ質問されるという設定でした。
出だしは毎回同じで、電話を取る→挨拶→質問という流れなのですが、この毎回同じ会話(挨拶)を何度もやるというのがとても良いですね。
数回やると覚えるので、出だしは何も考えずに自動的に口が動くようになります。


「英会話タイムトライアル」を放棄していた理由は「英語を喋ろうとすると緊張しすぎて中国語が出てしまう」からでした。
スティーブ・ソレイシィ老師に「“だんだんナニナニになる”はどう言いますか?」と聞かれても「・・・“越来越~”?・・・“~了”?」と答えてしまってお恥ずかしい。


でも、この欠点はふとしたことで解消できました。

スティーブ・ソレイシィ老師が質問を喋ってから、自分が答える空白時間がけっこう長いんですよ。答えたあとも沈黙が続いて不安なので、いっそのこと英語で答えたあと中国語でも答えてみました。
すると、最初の英語に中国語が混じらなくなったんです。たぶん「中国語は後から喋っていい」ことにしたので、出たがりの中国語が落ち着いて自分の出番を待てるようになったのではないでしょうか(推察)。


中国語はただ答えるのではつまらないので、口語体で答えて、時間があれば成語か文語体も付け加えています。


だんだんおもしろくなってきましたね。
→英語:It's getting interesting.
→中文口語:越来越有意思了。
→中文成語:渐入佳境jiàn rù jiā jìng。

だんだん暗くなってきましたね。
→英語:It's getting dark.
→中文口語:天黑了。
→中文文語:天色已昏。(←文語というより香港歌謡)


・・・何が楽しいのかって?ただのヒマつぶしです。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]