《認知與漢語語法研究》
2012年 09月 13日 |
d0127061_10552637.png

《认知与汉语语法研究》
沈家煊 (商务印书馆 2006年12月1日)



たぶんとても有意義な本だと思うのですが文章が難しすぎて理解できない。
もっとアホにも分かるように書いても何も失うものはないと思うのですが・・・

しょっぱなから「“有界”与“无界”」という無間道のような副題の章でビビります。
ここでは数量詞なしでは成立しない文章について述べられていて、文章が難しくて理解できないものの例文がとても面白い。


(6)表示动态行为的处所主语句“主[处所]+动词+着+宾”,其宾语成分排斥数量词。例如,“山上正在架炮”的动态行为(而不是“山上有炮”的静态存在),那么“炮”不能带数量词。

×山上架着两门炮
山上架着炮

其实不仅是处所主语句,表示动态行为的“动词+着”后面的宾语一般都不能带数量词,例如;

×他正吃着三碗饭
他正吃着饭


《认知与汉语语法研究》
“有界”与“无界”




×=不能成立
(×)=不自由的

それでアホなりに考えてたんですけど、大砲の例文は日本語だと

山に二門の大砲を備え付けているところだ
山に大砲を備え付けているところだ

どっちでも成立すると思うんです。でもご飯を食べるほうは数量詞が入ると変かも。

×彼はちょうど三杯の飯を食っているところだ
彼はちょうど飯を食っているところだ


このあと“有定と無定”なんてますます分からない言葉が出てきて難しいのですが、例文を見てて感じたのが、中国語では成立しない文章も日本語だと成立するんですね。たぶん空間や時間の把握方法が日本人と中国人では違うんでしょうね。


本文的目的不在罗列更多的事实,而是想对上述现象和奇特有关现象作出统一的解释。有一种可能的解释,某些句法组合非有数量词不能成立或不自由,那是所有名词性成分“有定”、“无定”的制约。例如;

×倒缸里水 / 倒缸里一桶水 / 把水倒缸里

(×)送学校油画 / 送学校一幅油画 / 把油画送学校

(×)吃了苹果 / 吃了一个苹果 / 把苹果吃了

左列中充当宾语的光杆普通名词“水”、“油画”、“苹果”是有定的还是屋顶的并明确,前面加了数量词才明确为无定的。如果这些成分是有定的,则应用右列的“把”字句来表达。

用有定和无定来解释数量词对句法结构的制约会遇到一些困难。动词后宾语大多是无定的,但也可以是有定的。首先,有些不用数量词不能成立或不自由的句法组合,如果把动词后的宾语换成明确的有定成分反倒变成成立或自由的了,例如;

(×)前面走来老太太 / 前面走来张太太

(×)他吃了苹果 / 他吃了那个烂苹果

(×)我一口气读完小说 / 我一口气读完那篇意识流小说


《认知与汉语语法研究》
“有界”与“无界”



ここの例文も日本語だと

瓶の中の水を空ける
学校に油絵を送る
リンゴを食べる

前からお婆さんが歩いてきた
彼はリンゴを食べた
私は一気に小説を読み終えた

どれも数量詞なしで問題なく成立すると思う。
私には「前から一人のお婆さんが歩いてきた」「リンゴを一つ食べた」のほうが不自然に感じられます。

ここが日本人が中国語を学習するときにいつまでも間違える箇所(私だけ?)じゃないかと。
空間の把握はたぶん身体感覚ともつながっているので、文法を勉強したって簡単に身につくものではないのでしょう。


どの章も有意義なのですが(理解できないが)、「如何处置“处置式”?」は“把”は処置を表しているのか?を追求していて面白い。言われてみれば処置じゃない文も多いですよね。


现在许多人认为把字句是对处置义加以强调,但什么算强调,哪些情形需要强调,不明确也不好掌握,对学汉语的外国学生来更是这样。


如何处置“处置式”?
《认知与汉语语法研究》



外国学生って私のことか(笑

この章で“了”は現在と関連しているという部分があってヒザを叩きました。日本人はつい“了”=過去形と感じてしまいますが、そうじゃないんですね。


我们的解释是,用“V了”比“V过”的主观性强。《现代汉语八百词》在比较“过”和“了”时指出,“V了”总是和“现在”相联系,“V过”不一定和“现在”相联系:

(21)
这本书我只看过一半。(现在不在看)
这本书我看了一半了。(现在还在看)

(22)
学过英语。(现在不一定会英语)
学了英语。(含有现在会英语的意思)

因此“V过”只是客观的报道曾经发生一个事件(我吃过野菜),用了完成体的“了”,在叙述一个过去时间的同时还表示出说话人的视角:说话人从“现在”(即说这句话的时刻)出发来看待这个时间,把它跟“现在”联系起来,比如说,因为吃了野菜,现在肚子不舒服,正因为如此,“我吃了野菜”给人以话还没有说完的感觉。“V了”后面可以用状态形容词作补语(加“个”),“V过”不行,这也证明“V了”的主观性比“V过”强:

(23)
偷了个精光 / ×偷过个精光
打了个落花流水 / ×打过个落花流水


如何处置“处置式”?
《认知与汉语语法研究》



「因为吃了野菜,现在肚子不舒服,正因为如此,“我吃了野菜”给人以话还没有说完的感觉。」の部分ではっとしました。
「文章が完結していない感じがする」というのはどんな文法解説書の「了」の説明にも書いてありますが、これまで全然意味が分からなかった。この本でやっと少し掴めた気がします。


と言いつつもやっぱり日本人には

A:我吃过野菜(私は山菜を食べた〔ことがある〕)
B:我吃了野菜(私は山菜を食べた)

どっちも同じに思えるし、「了」のほうは文章が終わってない感じって言われてもアタシ終わってる感じするし~って思えますよね。
どうやったらネイティブの感覚が分かるようになるのかな・・・



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]