形容詞が動詞を修飾する <状語>
2012年 07月 15日 |
古ネタですが《新漢語水平考試 精講精錬》4 語順の記事でどうしてもよく分からなかった例


(77)
×自18世纪以来,世界人口的增长速度才加快明显起来。
◯自18世纪以来,世界人口的增长速度才明显加快起来。
→修飾語“明显”は動詞(加快)の前に置く。

(78)
×可再生能源越来越广泛地引起世界各国的重视。
◯可再生能源越来越引起世界各国的广泛重视。
→語意に基づけばこの句は“重视”の範囲が“广泛”であるべき。

(79)
×两国领导人就共同关心的重大国际和地区问题交换了广泛的意见。
◯两国领导人就共同关心的重大国际和地区问题广泛交换了意见。
→“意见”が“广泛”(広い意見)なのではなく、“交换”の範囲が“广泛”(広く交換)。



あれからずーっと考えてやっと分かったのは、理解できない例文はすべて「状語(形容詞)+中心語(動詞)」だってことです。


明显(形容詞)加快(動詞)
广泛(形容詞)重视(動詞)
广泛(形容詞)交换(動詞)


いやしかしちょっと待て、形容詞が動詞を修飾するなんてそんなことありえるの!?
と我ながら「ええっ今更そんな質問?」な疑問が。
日本語や英語だと動詞を修飾するのは副詞なんじゃないでしょーか?(←間違ってる?)

「明显加快」は「明らかに加速する」ではなく「はっきりしている加速する」、「广泛重视」は「広く重視する」ではなく「幅広い重視する」、「广泛交换」は「広く交換する」ではなくて「幅広い交換する」(・・・日本語にできない・・・)
(广泛重视の重视は名詞かも。ま、とりあえず動詞ということで話を進めます)

・・・ワカラナイ・・・
分からないときには「中国語わかる文法」に頼れ!


文の成分である修飾語には、名詞をはじめ名詞性の被修飾語(中心語)に対する連体修飾語(定語)と、動詞や形容詞をはじめ述語性の被修飾語(中心語)に対する連用修飾語(状語)がある。後者の「連用修飾語〔状語〕+中心語」には、直結できるものと、接続成分として修飾語の後に構造助詞“地”が必要なものがある。
(略)

(3)热烈(地)欢迎(熱烈に歓迎する)

(3)は日本でも引用される“热烈欢迎”という慣用表現だが、日常よく組み合わされる例では、このように2音節形容詞も直結の例が多い。

104 接続成分が必要な連用修飾語 p124
「中国語わかる文法」
輿水 優, 島田 亜実 (著) 大修館書店



“热烈欢迎”って「熱烈な(形容詞(副詞?))歓迎(名詞)」だと思ってましたが、これは「熱がこもっている(形容詞)歓迎する(動詞)」ですね・・・根本的に中国語が分かっていなかった・・・

“热烈(地)欢迎”に“地”が必要かどうかについては(下線ブログ主)


更上一層楼

連用修飾語の接続成分“地”を用いるべき場合を品詞別に列挙しても、明確なルールを引き出すことは容易ではない。むしろ「修飾語+被修飾語」の組み合わせ自体の慣用にしたがう部分も少なくない



・・・たぶんそんなこったろうと思ってましたよ・・・

この点についてはそのあとに補足がありました。(下線ブログ主)


(9)
[1] 完全同意(全面的に賛成する)
[2] 随便(地)坐(ご自由にお座りください)

(9)の2音節形容詞は、日常よく組み合わせて使う例ではふつう“地”を加えない。例えば“随便坐”以外に“随便吃”“随便拿”など、“地”はふつう用いない。

更上一層楼

2音節形容詞も同様に、動詞の修飾語となれるものが、話しことばでは数に限りがある。これは、連用修飾語として動詞と相性の良い形容詞は状態形容詞(形容詞の重ね型)であり、属性などを表す一般の形容詞には不向きだということを示している。ただ、書きことばでは2音節形容詞に接続成分“地”を加えて連用修飾語とする例が増えてきている。これに対し、同じ2音節の書きことばでも、“地”を用いず、直結する例も歴史の比較的浅い語彙に見られ、このようなことから、形容詞の場合、接続成分の要不要については、個々の形容詞の用法にしたがわざるを得ないところがある。

105 接続成分が不要な連用修飾語 p140



さらにこんなのを見つけました。



更上一層楼

“地”を必要とする連用修飾語〔状語〕は、一般的に、被修飾語に対し、限定的な修飾をするものでなく、描写的な修飾をするものである、ともいう。次の例は状態形容詞が連用修飾語〔状語〕に用いられているが、意味上、連用修飾語〔状語〕は後の動詞と直接の関係がなく、むしろ動詞の賓語の描写になっている。表現の問題であるが状態形容詞を擬態語に訳すのがふさわしく、活写という感じがする。

(1)热乎乎地端上来一盘菜。(あつあつで、料理を一皿運んできた)
(2)酽酽地沏了一杯茶。(お茶を一杯、濃くいれた)

227 構造助詞“地” p351
「中国語わかる文法」
輿水 優, 島田 亜実 (著) 大修館書店



酽 【拼音】:[yàn] 【字义】:1.(汁液)浓,味厚,引申指颜色的浓:~醋。~茶。

意味上は「あつあつ」が修飾しているのは賓語“一盘菜”で、動詞“端上来”ではないってことですね。

これは定語を使って
端上来热乎乎的一盘菜(あつあつの料理を一皿運んできた)
沏了酽酽的一杯茶(濃いお茶を一杯いれた)
に言い換えられるのかしら・・・


「中国語わかる文法」は知りたいことが何でも載っていてすごすぎる文法書です。
輿水先生いつもありがとうございます。


「完全同意」って新版三国でよく魯粛が言ってましたが、あれも「形容詞+動詞」だったんですね。さすが魯粛、むずかしい語順もパーフェクト。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]