《這個詞,原來是這個意思!》
2012年 08月 09日 |



《這個詞,原來是這個意思!:重返語文的歷史現場,讓你的中文功力迅速破表》
作者:許暉
出版社:漫遊者文化
出版日期:2011年03月03日
語言:繁體中文 ISBN:9789866272493
裝訂:平裝


日本にもよくありますね、語源や漢字の読み方を解説した本。
《這個詞,原來是這個意思!》(この「詞」はそういう意味だったのか!)は現代中国語でよく使われるけど、考えてみたらどういう意味?な言葉を解説した本です。
取り上げられているのは文語から成語や俗語に使われるようになった言葉です。語彙を増やしたい中級学習者には良い本だと思います。

こんな言葉が解説されています。
「門外漢」原來是指蘇東坡
「毛病」為什麼跟「毛」有關?
「定心丸」的藥方是什麼?
「東西」為什麼不叫「南北」?



私が面白く読んだ章

◆「洒家」其實不是和尚的自稱(「洒家」は本当は和尚の自称ではない)

《水滸伝》の魯智深は自分のことを「洒家洒家」と連呼してます。和尚さんの自称だと思ってましたが、「洒家」は宋や元の頃の関西(中国の)方言で男性の自称で、お坊さん以外も使ってたそうです。


◆「赤子」原來是指嬰兒(「赤子」はもともと嬰児のことだった)

タイトルを見て「そりゃ「赤子」は赤ちゃんに決まってるだろう、赤ちゃんは赤いし」と一瞬思いました。
でも、現代中国語では「赤子」といえば心の清らかな人のこと。また色彩のredは「紅」です。
中国では意味が変わってしまった漢字を日本ではそのまま使い続けているのは面白いですね。


◆「相公」為什麼變成男妓的稱謂?(「相公」はどうして男妓の呼び名になったのか?)

解説文に

「相公」最早是對曹操的稱謂,而且特指曹操一人。
(「相公」は一番最初は曹操に対する呼称で、特に曹操だけを指した。)


とあって何かと思いました。続きは


西漢的丞相封侯不封公,東漢的丞相不封侯,到了曹操以丞相的官職封魏公,因此成為「相公」。這當然是對曹操的敬稱。
(前漢の丞相は侯に封じるが公には封じなかった、後漢の丞相は侯に封じなかった、曹操の時になって丞相の官職をもって魏公に封じたため「相公」となった。これは当然曹操に対する敬称だった。)


最初は丞相+公爵=「相公」で最高の敬称だったものが、だんだん普通の役人も「相公」と呼ぶようになり、そのうち民間の人でも「相公」と呼び合うようになり、清朝には京劇の女形を指すようになったそうです。

曹魏では「主公」ではなく「相公」と呼んでいたのだろうか・・・ヘンだ・・・


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]