《新漢語水平考試 精講精練》3 “了”  “着”  “过”
2012年 05月 30日 |
《新漢語水平考試 精講精練》
梁鴻雁(北京語言大学出版社) 


続きです。
上一集
《新漢語水平考試 精講精練》2
(適当に書いたので学習に利用する方は自分で辞書や文法書に当たってくださいね)


“了”、“着”、“过”は外国人の間違い多発ポイントらしく解説も詳しかった。
どれもやらかしてしまいそうです。
→:梁鴻雁老師の解説
⇒:ブログ主の解説(というか困惑)

■“(正)在”といえば“着”

(57)
×全体经济体系经历严峻考验...
◯全体经济体系经历严峻考验...

(58)
×清清的护城河好像还向人们诉说它多年的雄伟与辉煌。
◯清清的护城河好像还向人们诉说它多年的雄伟与辉煌。


■“着”のポイント

(62)
×芙蓉树像一把大伞撑在路边,“伞”上点缀千姿百态的花儿...
◯芙蓉树像一把大伞撑在路边,“伞”上点缀千姿百态的花儿...
→動作本身ではなく一種の状態を説明するときは“着”を使うべき

(61)
×新人双方父母坐最前面...
◯新人双方父母坐最前面...
→“動詞+着”は処所賓語をとれない。

(44)
×我就被那圣洁的美景震惊
◯我就被那圣洁的美景震惊
→“被”字句には“着”はつけられない。


■“了”が使えないとき
“了”は日本語の過去形ではないというのは分かってるけどつい間違えてしまう例

(59)
×张老师每两个星期对我布置了一次“特别作业”...
◯张老师每两个星期给我布置一次“特别作业”...
→経常性動詞には動態助詞“了”を使えない。

(63)
×对方居然听懂了,所以我特别兴奋了
◯对方居然听懂了,所以我特别兴奋
→程度副詞が形容詞を修飾するとき、句末に変化の語気助詞“了”を使えない。

(65)
×但学广播不到一年,我就知道了自己不是从事广播业那块课。
◯但学广播不到一年,我就知道自己不是从事广播业那块课。
→賓語が主謂短語か動詞短語のとき、謂語動詞のあとに動態助詞“了”を使えない。

(67)
×虽然我来了中国留学三年了,但父母还是...
◯虽然我中国留学三年了,但父母还是...
→謂語動詞が持続性動詞であれば、時量補語と謂語の間には動態助詞“了”を加えられる。例:他躺了一会儿就出去了。
謂語動詞が非持続性動詞であるかまたは結果補語、趨向補語を取り、かつ後ろに賓語がある場合は、謂語動詞と賓語の間には動態助詞“了”、“过”を加えられない。
⇒たぶんポイントは“来”が非持続性動詞なのでしょう。何度読んでも分からなかった・・・otz

(64)
×我高二时被选为了班长...
◯我高二时被选为班长...
→動詞と結果補語の間には他の成分を加えられない。

(62)
×芙蓉树像一把大伞撑在路边,“伞”上点缀了千姿百态的花儿...
◯芙蓉树像一把大伞撑在路边,“伞”上点缀着千姿百态的花儿...
→動作本身ではなく一種の状態を説明するときは“了”ではなく“着”を使う


■“了”の長年の謎がちょっと解けた

(85)
×来了四川一个月,目睹了中国人民...
◯在四川待了一个月,目睹了中国人民...
⇒(67)と同じ説明が書いてありました。
日本語だと「四川に来て1ヶ月」の「来る」は持続性動詞のような気がするのですが、中国語では違うのでしょうか。このへんの感覚が何年勉強しても分からない。

(86)
×让抽烟了几十年的老烟民一下子把烟戒掉....
◯让抽了几十年的老烟民一下子把烟戒掉....
→時量補語が賓語を取り、かつ賓語が代詞のときは“動詞+代詞+時量補語”形式となる。例:等了他半天。
しかし賓語が名詞のときは“動詞+時量補語+名詞賓語”形式となる。例:看了一天书。
⇒ポイントは賓語が代詞がどうかにあったようです。長らく謎だった語順がやっと少し分かりました。

(84)
×他们40年婚了...
◯他们结婚40年...
→一つの事件を表し、一つの具体的動作を表すのではない離合詞、動賓短語が時量補語をとるとき、“動詞+賓語+時量補語”または“動詞+賓語+動詞+時量補語”の形式で状態の持続を表す。
⇒たぶんポイントは“结婚”が動作ではなくて持続性のある事件という点なのでしょう。この間違いは離合詞について考えすぎた例かな。

(88)
×但喝多了咖啡就会产生类似食用兴奋剂的感觉...
◯但咖啡喝多了就会产生类似食用兴奋剂的感觉...
→“大、小、快、慢、肥、痩”などの形容詞が結果補語となるとき、標準に満たないことを表し、賓語を取ることができず、句末に“了”が必要。
⇒賓語は前に出して“了”は句末へ。そういうルールがあると初めて知りました(と思ったけどたぶんどこかで何度も読んでいる)。どうしてこの語順なのかと疑問だった。



HSKの対策本なんですけど、なかなかツボを押さえた文法解説になってて良かった。
考えてみれば文法書って「正しい例」しか載ってないので「ガイジンが間違えやすい誤文」をあげた説明は貴重ですね。



今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]