「中国訪問使節日記」
2012年 04月 02日 |
d0127061_21495611.jpg
中国訪問使節日記 (東洋文庫 277) [新書]
ジョージ・マカートニー (著), 坂野 正高 (翻訳)



何の予備知識もなく読んだのですが、とても面白かった。
イギリスの外交官が中国へ来て乾隆帝に謁見するものの、条約改正の要求はお断りされてすごすご帰る過程が書かれています。

乾隆帝に会った外国人ってそんなに珍しくない気がするのですが(勝手な思い込みか?)、このジョージ・マカートニー先生の接待役が和珅だったんですよ!!

乾隆帝はどうでもいいけど和珅に接待してもらったというのがうらやましい、うらやましすぎる。


清朝の中国人の役人っていうとどうしようもない怠け者ってイメージがありますが(私だけか)、この本に出てくる官人はけっこうてきぱきしてて好奇心が旺盛で明るい人たちだったようです。


乾隆帝(左)と和珅(中央)  ※画像はイメージです




いつもありがとうございます

[PR]