グワンダム大地に立つ
2011年 04月 23日 |
お待ちかね関公の最新ニュースをお届けします。
(だがこのブログ読者に蜀ファンはいるのだろうか・・・)

(その1)
まずは関羽の変形巨大ロボが建立された話題
沈陽中街に高さ9.7メートル、重さ4トンの鉄筋製(たぶん)ロボが出来たそうです

关公?变形金刚!(凤凰网)

视频:大学生历时4年打造关公版变形金刚 (捜狐视频)
(ビデオで見ると大迫力、最初のアニメがカッコいい)


写真勝手に転載
d0127061_1815124.jpg



(その2)
いよいよ4月26日から上映(中国で)のドニー・イェン主演の映画「関雲長」、中国の前宣伝はこんなことになってます
話題づくりって大変なんですね・・・

《关云长》公然“卖腐”(新浪网)
《关云长》超前影评:腐女面前耍大刀(新民网)

「卖(売)」には「ひけらかす、売り物にする」という意味があります。
よく使われるのは「卖老」(年寄り風をふかす)
最近はネットで「卖萌」(萌える言動をとる)を見かけるようになりました。
ついには「卖腐」(腐を売り物にする)という言葉まで。
中国語の造語力には感心します。


(このニュースは私専用)
董勇《关云长》领略荀攸魅力 坦言想拍荀攸传(雅虎娱乐)
俺のロリータ・・・渋い・・・
董勇って《黑洞》のころはダサい中年男って感じでしたが、今回はよさそうですね。楽しみです。



[PR]