《露西的意外人生 The Story of Lucy Gault》
2011年 04月 14日 |
d0127061_19581220.jpg《露西的意外人生 The Story of Lucy Gault》

作者:威廉‧崔佛 William Trevor
譯者:繆靜玫
出版社:新苗




どうも中国の小説が合わないらしく、何を読んでも大して面白いと思えません。
でも文章の上達のためには読書がいちばん。

中国語の面白い本がないなら、自分が好きな作家の中文訳を読めばいいのでは?と思って、ウィリアム・トレヴァーの作品を読んでみました。

ウィリアム・トレヴァーは短編の名手と認識してたのですが、台湾では長編作家として知られてるのでしょうか。
《露西的意外人生 The Story of Lucy Gault》はイギリスでいくつも賞をとった長編で、日本語未訳ということもあって、読むのをとても楽しみにしてました。

そして読んでみたところ・・・とても淡々としています。
一家離散という悲しい出来事があり、家族はそれぞれ哀しみのうちに生きていくのですが、本当に淡々としています。
この淡々がトレヴァーの持ち味よね、と思いつつも、とても淡々としているのでだんだん眠くなってしまい、ところどころ何が書いてあったか思い出せません。

と言いつつも、読み終わってだいぶたってから急にある場面を思い出したりしてるので、それなりに読書の意味はあったようです。
[PR]