「狙撃手」 DVD鑑賞 1-3碟
2011年 02月 22日 |
新版三国で魯粛を演じた霍青老師と陸遜を演じた邵峰が共演してるGXX監督のテレビドラマ。抗日時代の国民党軍の話です。
霍青老師は旅団長、邵峰は同じ旅団の参謀長ですが、国民党は軍部と情報部の仲が悪いという設定らしく、いつも険悪な雰囲気。

霍青老師の部下に佟大為(これが主役)演じる凄腕の狙撃手がいて、霍青老師はとても可愛がっています。しかし佟大為が参加する作戦はなぜかいつも日本軍に襲撃され、佟大為だけが生き残るので、邵峰は日本のスパイではないかと疑っています。

そのうえ佟大為は邵峰の妻(軍人、すごい美人)とかつて恋人同士だったらしく、邵峰は嫉妬の炎メラメラ、死魚眼が燃え上がってます。狭い部隊で四角関係、萌える設定です。

何かと嫌がらせされるので、霍青老師にグチる佟大為。邵峰は二人の会話を立ち聞きしてしまうのですが、霍青老師は意外にも「彼は南京で家族を殺されたために日本のスパイを憎んでいるんだ。彼の愛国心と愛党心は誰にも負けない」と邵峰を擁護します。
霍青老師ステキ・・・

霍青老師の部下の小さい子(石頭)がどこかで見たことある顔だと思ったら、「派出所的故事」→こちらで「小さいお巡りさん(小毛警官)」を演じてた子でした。
毛孩さんっていうのですね。
霍青老師はけっこう背が高いので、毛孩は見上げながら会話してます。この子すごく可愛い。


共産軍には曹丕(于濱)と曹植(李継春)が。二人まとめて出てくるので笑っちゃいました。
于濱が思いを寄せる可愛い女の子・九児は新版三国で静妹を演じてた李依暁。こんなカワイイ子がいたらすぐ毛沢東の愛人にされちゃいそう。

いまのところの感想はこんなの。

あ、霍青老師は大敗して自殺しようとして部下に止められたときに「こんなに負けて江東の父老に会わせる顔がない!」と嘆いてました。やはり国民党=東呉のようです。
そしてその霍青老師の危機を助けに駆けつけるのが于濱。世界初の丕粛か!?(誤)



第一集のみどころを編集してみました
最初が霍青老師と邵峰、次が于濱と李継春、最後が邵峰と佟大為と邵峰の奥さん役




百度百科
片名:狙击手





関連エントリー
「狙撃手」 ドラマ鑑賞
「派出所的故事」 ドラマ鑑賞
[PR]