「中国語わかる文法」
2010年 07月 26日 |
日本で出版されてる中国語の文法書って個別の例ごとの解説になってて、総括的なものがないと思ってたのですが、この本はなかなか良さそう。

まだ最後まで読んでませんが、最初のほうの「単語と連語」という部分は、「中国語会話」のクラスなどではあまり説明してもらえない文の成り立ちを詳しく学ぶことができます。

特に「動賓連語」のところは目からウロコが何枚も落ちました。


上に挙げた“住人”(人が住む)と結合関係が同様の動賓連語に“有人”(人がいる)、“来人”(人が来る),“死人”(人が死ぬ)などがある。“救人”(人を救う)、“杀人”(人を殺す)などの例と形式は似ているが、動詞と賓語の結びつき方はまったく異なる。動詞に対して前者の賓語は送り手であり、後者の賓語は受け手である。両者の意味関係を示す外形的な標識はないが、前者の例における動詞は、いずれも存在、出現、消滅を表すものであり、この種の動詞に対しては賓語意味上の主体になることを、一つの文法規則として提示できる。しかし、日本語ならば「人を求める」と読める“求人”が中国語では「人に求める」の意味であり、“求职”(職を求める)とは用法が平行しないのはなぜか。“救人”,“杀人”と“求人”の意味関係を分ける根拠は何か,動賓連語における動詞と賓語の関係には類型化し難い例もある。

Ⅱ単語と連語 23 動賓連語
「中国語わかる文法」
輿水 優, 島田 亜実 (著) 大修館書店


このちょっと前に

動詞と賓語の結びつき方を示す,日本語のいわゆるテニヲハにあたる助詞などはないので,意味関係の類型を把握する必要がある。



とこれまた目からウロコなことが書いてあって。

このあとさらに

上に掲げた“来客人了”(客が来た)の例も出現の表現で,賓語が動詞に対し送り手の関係にある。この文を“客人来了”と主述連語の組み立てに変えても,日本語の訳文ではやはり「客が来た」となって,両者の区別ができない。しかし,中国語では主語の位置に置く人や物は特定される人や物であるのに対し、賓語の位置に置く人や物は特定されない,不特定の人や物である。“客人来了”は話し手と聞き手が事前に来客があることを知っていた場合(既知)であり,“来客人了”は話し手にも聞き手にも不意の来客があった場合(未知)である。このように存在、出現、消滅を表す“現存句”は存在、出現、消滅自体に表現の意図があり,送り手(動作主)は主語の①でなく,賓語の位置に置かれる。


こうやって「動賓連語」のあとで学ぶと「現存句」もちょっとは頭に入りやすいかも。
[PR]