“接到您的电话就我们两个人来了。”はヘン?(まいにち中国語応用編 第29課)
2010年 07月 21日 |
今日のポイントは副詞「就」の位置ですね。



接到您的电话我们两个人就来了。

Jiēdào nín de diànhuà wǒmen liǎng ge rén jiù lái le .
あなたのお電話を受けて、私たち2人はすぐに来ました。

“就” のような副詞は、基本的に動詞や形容詞などの前に置きます。ただし、一部の副詞は数量フレーズの前に置くこともでき、“就”もその一つです。“就”はこのフレーズのように動詞の前に置くと「~するとすぐ」という意味になりますが、もし数量フレーズ“我们两个人”の前に置くと「私たち2人だけが」という意味になってしまいます。



「中国語文法用例辞典」の「就」の項目を見ると

【副詞】
①短時間で発生することを表す。
(a)就+動
我就去(私はすぐ行きます)

⑤範囲を確定する:ただ・・・だけ。
就〔+有〕+名
老俩口就〔有〕一个儿子(老夫婦には息子が一人いるだけだ)


語順が違うだけで意味が変わっちゃうんだなあ・・・いつになったらすべての副詞の語順を覚えられる日が来るのだろうか。


しかしこの「就+名」で「ただ・・・だけ」というのは日本人には使いにくいですね。作文とかでじーーーっくり考えれば思いつくかも知れないけど、普段の会話ではとても出てきません。


ところで常々疑問に思っているのですが、日本語のあまり上手でない中国人が

「これは安いです。1000円だけね。」

と(日本語で)言う時、彼らの頭の中に浮かんでいる中文はどのようなものなのでしょうか?

  才1000日元

なのか

  就1000日元

はたまた

  只有1000日元

なのか、それともまったく違う文章なのか?
「ごめん今のもう一回中国語で言って」と襟首をつかんで聞きなおしたいのですが、それも失礼かと思って出来ません・・・



前回エントリー
「対牛弾琴」(まいにち中国語応用編 第15課) 
[PR]