“我不會喝。”はヘン? (まいにち中国語応用編 第11課)
2010年 06月 16日 |
陳淑梅老師は授業の内容も素晴らしいのですが、声がきれいで優しくて素敵です。うっとりしちゃいます。

おしゃべりサロンでネイティブ3人が穏やかに上品に談笑しているところはここ以外では見られない光景でしょう。(中国人3人集まってこんなに静かなんて普通はありえない)


第11課は花粉症が長引いている田中さんが、漢方薬をすすめられて

“中药太苦了,我不会喝。”と言ってネイティブに“什么?”と驚かれてしまいます。

ここはネットに掲載されてる解説によると


中药太苦了,我喝不了。
Zhōngyào tài kǔ le , wǒ hēbuliǎo .

漢方薬は苦くて、飲めません。

中国語の「できる/できない」には“会/不会”(技能を習得して)、“可以/不可以” (許可によって)、“能/不能”(主観的判断や人情・道理によって)などがありますが、このフレーズのように客観的条件から「できる/できない」ことを言う場合は可能補語を使うのがより適切です。



「○不了」と可能補語を使わないといけないのですね。でも私はたぶん「不會」って言っちゃうと思うなー、ホントにダメなのかなあ。

もしかして「不會」って台湾ではOKだったりしてと思って(台湾なら何でもOKと誤解している私)、ネットで検索してみると


可惜我不會喝咖啡

不会喝苦药怎么办啊

我不會喝酒怎麼辦?

你会喝中药吗?--家庭医生 中国老年网--
大家不妨对照一下,自己是否真的会喝中药?

“当工人不会喝酒哪行,我们教你!”
“不行,我一滴酒不会喝。”



・・・みなさん色々飲めないものがあるようですね。
今回のスキットとはニュアンスが違うのかも知れませんが、条件次第では「不會喝」も使えるようです。

しかし「できない」ものは表現をどう変えようと「できない」のよ。
いちいち技能が・・・法律が・・・感情が・・・とか考えてられん。スカっと一種類にまとめてもらえないものか。もしくは日本人はぜんぶ「可以」「會」でOKとする(提言)。

我不會用可能補語。




前回エントリー
“我錯了。”はヘン?
[PR]