〔辮髪嘉年華〕 鉄歯銅牙紀暁嵐第4部
2010年 01月 20日 |
大人気ドラマのシリーズ4。このあいだDVD買ってきたので楽しく鑑賞してます(長いのでまだ終わってない)。

「鉄歯銅牙紀暁嵐」はあんまり日本では知られてない気がします。
オヤジばっかり出てくるし。どこが面白いのかなかなか分からないし。

私が初めて見たのはたぶん第2部のころです。すごく面白そうだけど、字幕があっても会話がちんぷんかんぷん。
しかし今回第4部を見ると、けっこう理解できるようになってました。こんな亀の歩みのような学習でもつづければいいこともあるもんだ。


外国人中国語学習者にとってヒアリングの難点がいくつかあって

・清朝の宮廷が舞台なので、皇帝や朝廷だけで使う専門用語(女房言葉みたいなの)が多くて難しい。
・登場人物はインテリが多いので、セリフも古典の引用とか文語っぽくて難しい
・北京っ子が大量に登場して、すごい勢いで北京話(べらんめえみたいなの)を喋りまくるので難しい

今から振り返ってみると、私にとっていちばん難しかったのは最後の北京話の部分かも。学校で習わない単語がぽんぽん出てくるし、北方の発音に慣れてないので聞き取れない。


でもこのへんをクリアすると(クリアするのに何年もかかってるけど)、めちゃくちゃ面白いドラマでした。


乾隆帝(張鉄林)に仕える清官・紀暁嵐(張国立)とライバルの貪官・和珅hé shēn(王剛)のバトルを楽しむドラマ。
史実やストーリーより「鉄三角」と呼ばれるタヌキ親父のドラマ仕立ての漫才を大笑いしながら鑑賞するのが目的の電視劇です。


張鉄林がとにかく私好みの顔なのですが(誰も聞いてない)、張国立の達者なセリフ回しも好きだし王剛の悪辣(文官のくせに毎回何人か殺してる)なのにお茶目で憎めないところもたまりません。

数話で1エピソードになってます。第4部でいちばん楽しかったのは、茶楼に潜入する話かしら。

鉄三角が若者の集う茶楼を探りに行くのですけど、80後や90後がうようよしてて、オヤジは入場禁止なの。やむなく使用人に変装して潜入するオヤジたち。張国立はスナック売り、王剛は茶水、張鉄林は墨をする係り(毎回必ず皇上が微服する場面があるのです。張鉄林のいろんなコスプレが見れて幸せ)。

その茶楼で、若人たちは詩を交換しあって交流するのですが、即興で対聯や詩を作れないとモテないの。みんな「平平平仄仄平平・・・」とブツブツ言ってて可笑しい。
もちろん大学士の紀暁嵐はどんな詩でもとっさに作れちゃう。このエピソードは脚本家が大変そうだな~。

皇上はちゃっかり若い娘さんたちのテーブルについて、教養のあるところを見せて大人気になったりします。娘さんたちの中に清楚な美女を見つけた陛下は、彼女に一目ぼれ。やーね、オヤジって。

でも、さいしょは軽いノリで「ぜったい彼女を後宮に入れるぞ~」とか言ってたのが、娘さんと詩をやり取りするうちに、だんだん本気になってくるところがカワイイ皇上。
娘さんに手作りの馬掛をもらって「私の母は服を手作りしてくれたことはなかった」とか同情を誘う皇上。(そりゃ皇太后は服は縫わないでしょう)オヤジ絶好調です。

中年男の打算と身勝手と純情がにじみでるようないい話でした。張鉄林のメイクの濃さにも注目です。(すごい目張りとチーク、時代劇の王道)

やはり1部から10年もたつと、皇上もずいぶんふっくらしちゃって、二重アゴに、肉襦袢かと思うような肩まわりなのですが、いいの鉄林はそれでもステキなの。
ほっそりしたうなじに垂れる辮髪も楚々とした風情がありますが、がっしり太い首に乗っかってるのも、それはそれで良いものです。





張國立与他的鐵哥們1

制作インタビューを見ると、じつは一番年下の張鉄林が他の二人にいじめられてるようです。
張鉄林が「撮影のときは薄氷を踏む思いだ」とコメントすると、張国立が「そんなことないよ、みんなリラックスして楽しく撮影してるだろ」と言い返して笑わせてくれます。

張鉄林ホントにすごい肉襦袢着てる





〈铁齿铜牙纪晓岚〉主题曲

1のオープニングかな、主題歌が渋くていいんですよね。
みなさんスリムで若い。メイクも薄い。


[PR]