「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
2016年 08月 25日 |
ノートパソコンにDVDドライブがついてないので、イギリスドラマはDVD再生専用機を使って見ていました。
しかし、その再生専用機も歳月とともにだいぶくたびれてきました。
意を決して外付けDVDドライブを買って、今後はノートパソコンで鑑賞しようと。

外付けドライブって初めて買ったのですが、3000円しないのですね。意を決するほどではなかった。


と感嘆しながらつないでみましたところ、ドライブは認識するのですが、DVDを再生できない!
一瞬あせりましたが、いまどきのOSってDVD再生ソフトがついてないんですね。
時代に乗り遅れすぎてました。

みなさんどうしてるのかと検索してみたところ、フリーソフトを入れれば再生できるようです。
評判よさそうな
VLC Media Player
というソフトをさくっと入れてみたら、さくっとDVD再生できました。

字幕もちゃんと再生できてよかったよかった。


試しに再生してみた「北と南」

ベイツさーん



トーリンさーーん



そういえばどうしてイギリスのDVDは日本のパソコンで再生できるんだろう?
リージョンコードとかいうものがあったのでは?港台のDVD見るときは苦労した覚えがあるのだが・・・
と疑問に感じましたが、幸い日本とイギリスはリージョンコードが同じなのですね、なんという幸運!
いったいどういう基準で決めているのか?一衣帯水の香港や台湾は別地域に押し込まれているというのに。

といいつつもブルーレイでは日本とイギリスは泣き別れになったらしく、複雑な事情があるようです。
(そのかわり日本はアメリカとくっついたらしい。アメリカ製品なんかいらんのに(個人の意見です))

今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2016年 07月 22日 |
Preacherというアメコミ原作らしいドラマにグレアム・マクタビッシュさんが出ているので見てみました。

恒例ネタバレ&画像勝手に



第2話 "See"

現代のアメリカで主役のプリーチャー(字幕では「牧師」)がいろんな超人と戦う話のようです。
(↑おそらく違いますので鵜呑みになさらぬよう)

グレアムさんが演じているのはThe Saint of Killersという役。
過去(19世紀)のパートのようです(まったく話が分かっていない)



The Saint of Killersには病気の娘がいて、薬を買いに町へ行きます。
馬で丸一日かかるほど遠いところにしか売ってないみたい。




クローゼットの武器を持っていこうかなと思ったがやっぱりやめた、って場面ではないかと




ここで初めて顔が画面にでました。
過去パートはセピアカラーでぼんやりした映像なので何がなんだか分かりません。



旅の大家族と出会ってご飯を食べさせてもらってまた別れる。
うざい感じの子デブがなにかとかまってもらいたがるのは伏線か?


第5話 "South Will Rise Again"


やっと薬屋に着きましたが、受け取れるのは明日の朝。
グレアムさんのしょっぱい顔ステキ。




まともな宿もなく、酒場兼娼館で一夜を過ごす。
牧師がエロ小話を語るような背徳的な宿。

ここで女性や子供が虐待されているのを目撃。伏線です。



薬を受け取って帰路につくが、途中で先日の家族連れが町へ向かうところにまた遭遇。




思い直して家族連れを救いに戻るが、ただの杞憂でしたとさ。
子デブ他はぴんぴんして無事でした。
しかしなぜかチンピラたちに殴られるグレアムさん。




気を取り直してふたたび馬上の人となったとたん、酒場にいたプリーチャーに正体を暴露される。
ゲティスバーグの戦い(って何か知らんけど)で、プリーチャーの味方を大量に殺したと糾弾され、馬を殺されてしまう。










馬がなくては家に帰れません。
やむなく徒歩で帰宅したときには妻と娘はとっくにあの世へ行っていた。
クローゼットから武器を出して出奔するグレアムさん。

おそらくこのあとプリーチャーと見れば復讐をしかけるガンマンになるのではないかと。


6話と7話には登場しなかったように思います。
気が向けば続きも見ます。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2016年 07月 19日 |
仕事から帰ったらなにやら海外から封筒が来ていて、開けてみるとグレアムさんのサインだったのでびっくり。



・・・トゥラハーの下に書いてある文字が読めない。





同時に海外からスタニス・バラシオン陛下のfunkoも届いてたので、てっきり請求書かと思いましたがうれしい驚きでした。

せっかくですのでスタニス陛下も記念撮影。




今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2016年 06月 20日 |
アウトランダー シーズン2もいよいよ佳境。

以下遠慮なくネタバレしています。各自回避お願いします。
あとクレアとジェイミーの話はないのでそこはご理解の上お読みください。


画像も勝手にアップしています。おとがめがないといいですね。



■アウトランダー S2 
第9話 "Je Suis Prest"


ブログ主がどれほどエキサイトしているかご覧いただけないのが残念です。

先週クレアとジェイミーがコラムに会ったボウフォート・キャッスルというのはジェイミーの父方の祖父であるLord Lovatのお屋敷だったようです。そこでクランの代表者たちがスチュワート家を支持するかどうか決めたのですね。
フレイザーは支持、マッケンジーは不支持の結果に終わりました。

いま調べて知りましたが、Lord Lovatことサイモン・フレイザーを演じているクライヴ・ラッセルさんはゲーム・オブ・スローンズでブリンデン・タリーを演じている。
ケイトリン・タリーの叔父ブラックフィッシュです。そしてブリンデンの甥エドミュアを演じているのはトバイアス・メンジースさん。愛憎の錯綜するハイランド(とウェスタロス)。
これでもしサムがレンリーのオーディションに受かってたらリバーランドとストームズエンドで大恋愛になって収集がつかなかったかも(想像


話がそれました。
ボウフォート・キャッスルを出発したフレイザー夫妻は、フレイザー一族が結集する野営地へ。
しかしそこにはアンガスとルパートもいたのです。クレアにキスをねだって拒否される可愛いアンガス。


そして、もちろんドゥガルも登場。


マッケンジー一族は戦いに参加しないはずではといぶかるジェイミーに
「コラムと自分の考えは違う」
と簡潔に説明するドゥガル。
兄ちゃんを裏切ったのか・・・マッケンジーの守備は誰がやってるんだろう。



クランから離れてはぐれ狼となったドゥガルとアン&ルパはジェイミーの指揮下に入ります。
ドゥガルが素直に甥の采配に従うのか心配ですね。


ジェイミーは野生児ハイランダーたちを近代的な軍隊に育てようと一生懸命ですが、なかなかうまくいきません。
そこへアパッチ(古語)まで攻め込んできて大混乱。


・・・あの半裸一族は練習の邪魔をするいたずらっ子ドゥガルだったのですね・・・
脚本家はドゥガルをどうしたいのか?


あんのじょう甥っ子に叱られるドゥガル叔父さん。



グレアムさんの色白ぶりにびっくりですが、よく見るとウェストはさらに白いですね。
どんだけ美白なのでしょうか。



指揮官に怒られて反省したのかと思ったらドゥガルは今度はクレアにちょっかいを出しています。
もうみんな忘れてると思うけどシーズン1の最後のほうでクレアにプロポーズしたことを蒸し返すドゥガル。



クレアがジェイミーに話したかどうか探りをいれに来たようです。




クレアにあなたが愛してるのは自分だけでしょ、となじられてしょんぼりするドゥガル。
自分は確かに池に映った己の姿に恋しているが、スコットランドのことはもっと愛している。
正当な王を復位させるためならなんでもすると言い放つドゥガル。




ドゥガルはこのあとどうなっちゃうのかなあ。
原作通りなのか、それともドラマのオリジナル運命が待ち受けているのか。

来週も楽しみです。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]
2016年 06月 19日 |
もうみなさんアウトランダーS2E9はごらんになったのでしょうか。
私は見ました(当然ですね)。

そして気になっていたあの画像の意味がやっと分かりました。
まさかそういうことだったとはねえ。


というわけで、スターツが流しているドゥガルの画像を勝手に横流ししてみますがおとがめがないといいな。


これはエピソード11の予告画像かな?



エピソード9か10の予告画像。素敵すぎる・・・



アンガス馬に乗れるのね!



どの回かなあ
キャプションはいいけど、相手があのボニープリンスと思うと気持ちが盛り上がらない・・・




そして9話を見る前にとても心を痛めていた例の画像群


なぜ半裸なのか?いくらハイランダーが貧しいとはいえ、シャツも質に入れるほどなのか?
イングランドは大砲据え付けて待ち受けているのに。
ドゥガルはズボンすら穿いていない。




戦場でシャツを失くした(どうやって・・・)のかなあ、それともイングランド軍の夜襲にあって、とるものもとりあえず毛布を腰に巻いて飛び出してきた・・・?
悲しきハイランダー・・・



結果は予想をあまりにも外れていました。
エピソード9の感想はまた来週。


今日の記事はここまでです。多謝光顧!

[PR]